トップ  >  マタニティ均整

マタニティ均整

ただいま妊婦中のプレママのみなさまへ


妊娠中には、体に大きな負担がかかっていますので、さまざまな症状が出てきます。
母となる喜びと、おなかの中の赤ちゃんの健やかな成長を願う気持ちは大きくなっていきますが、 肩こり、頭痛、腰痛、股関節痛、つわり、むくみ、逆子など予期せぬ悩みを抱えています。
我慢していては、あなたの体にもおなかの赤ちゃんにも良いことはありません。
症状を緩和して、楽に出産の日を迎えるために、マタニティ均整をおススメします。
ですが、妊娠3か月までは均整を受けられません。
子宮内膜への着床がまだ不安定なので流産しやすい時期だからです。
4ヶ月からは安定期に入りますから均整を受けることができます。
お腹が大きくなるとうつ伏せができませんがソフトな施術で 骨盤の歪みを調整をします。

頭痛
お腹が出てくると前かがみが難しくなったり、背中も伸びにくくなり 首や肩に負担がかかります。この筋肉連鎖で片頭痛・緊張性頭痛 が起こりやすくなります。

肩こり・背部痛
お腹が迫り出してくると、動きなくくなり、赤ちゃんの成長により内臓の圧迫 もあり、肩こり・背部痛につながります。
特に、初産婦は経産婦と違い運動量が少ないためにこうした症状が起こりやすくなります。
腰痛
お腹が迫り出すと背中も反った状態が続きますので、骨盤や筋肉が弱り、 腰痛の原因になりやすいのです。
股関節(お尻)の痛み
日本人は外人と比べ骨盤の刳り(くり)の部分が成長が浅く、大転子が 股関節からずれやすくなります。妊娠前からO脚・X脚の方は痛みが出やすく、 急な体重増加やホルモンの影響で股関節に負担がかかってきます。
その影響や運動不足で骨盤底筋の筋力低下が起こり、骨盤帯(お尻)がたれて きて痛みを感じるのです。
むくみ
股関節の圧迫や、運動不足、塩分の取りすぎなどで 足首の動きが弱いとリンパのながれが弱くなりむくみの元になります。
逆子
おなかが迫り出してくると、毎日の生活の中で自分の癖が影響して背骨の歪み から骨盤が歪み、赤ちゃんの部屋(子宮)が変形します。
赤ちゃんは自分の居心地の良い場所に移動します。それが逆子となります。
逆子体操は苦しく大変です。だから、骨盤の歪みの調整は手首で行います。


キッズルーム

子供様の様子をそばに感じながら、安心して均整を受けられます。

子供様もお母さんの顔を見ながらアンパンマンのオモチャと遊べます。
安心して御一緒に来院ください。

前
お腹から体の歪みをとる
カテゴリートップ
TOP
次
キッズ・子育て均整

ウェルビー山本 〒730-0004 広島市中区東白島町15番15-2号
TEL :082-227-0058、 FAX :082-221-4653、 Mail:wellbe@minos.ocn.ne.jp予約お申し込みフォーム

 


top Copyright © 2012 Wellbe Yamamoto. All Rights Reserved.