トップ  >  お腹から体の歪みをとる

おなかから体の歪みをとる

当院は、体の歪みをお腹のツボ(募穴)から、とっていきます。
実は、背骨に内臓がブドウの房のようにぶらさがっているので 内臓が炎症を起こす、連鎖してその箇所の骨が動かされ、歪みの元になります。
のど風邪をひいたり、内臓の炎症が起きても、寝違えのような首の痛みを 感じたりします。骨格だけでなく内臓を整えることで、体のゆがみをとります。


頭痛
最近はパソコンやメールなどをすることが多くなりました。
その為、睡眠時も交感神経が興奮状態になり、寝ているときも 無意識に力を入れて、歯をくいしばってしまいます。首や肩に負担がかかり、 首の骨が歪みます。さらに、腸の動きが弱くなりガスが溜り、骨盤が歪み、 片頭痛や緊張性頭痛などが表れてきます。
お腹のツボ(内臓賦活法)を使って調整します。
肩や背中が痛い
内臓はブドウの房のように背骨にぶら下がっているので、一部の内臓が炎症を 起こすと骨の歪みとなります。たとえば、暴飲暴食で消化器炎症が起きると その部位の骨が歪み肩・背中の痛みにつながります。そして筋肉連鎖で 肋骨筋にも緊張起して肋間神経痛につながります。
腰が痛い
肩や背中と同じで、内臓からも痛みがきます。
また、パソコンや大掃除で腕を使いすぎたり、荷物を長時間持ったり すると、起立筋や広背筋・僧帽筋に腕の筋肉連鎖で疲労が起き、腰に痛みが出てきます。
呼吸が浅くなると、肺を動かす横隔膜が硬くなり、動きが弱くなって内臓の血液の 流れが弱くなります。その為、静脈と動脈のうごきにアンバランスが起きます。
股関節・膝の痛み
正座ができない、階段の上り下りが難しいなど、膝の痛みは股関節 に関係しています。
股関節の歪みによってO脚・X脚にも影響して内臓の冷えにもつながります。
むくみ
生殖器(子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫etc)から来るむくみは、 腎臓・肝臓・腸などの顆粒球やリンパ球のバランスが崩れて、白血球 が増えて免疫力が低下することによって、むくみが起こります。
前
均整とは
カテゴリートップ
TOP
次
マタニティ均整

ウェルビー山本 〒730-0004 広島市中区東白島町15番15-2号
TEL :082-227-0058、 FAX :082-221-4653、 Mail:wellbe@minos.ocn.ne.jp予約お申し込みフォーム

 


top Copyright © 2012 Wellbe Yamamoto. All Rights Reserved.